育毛剤のステマに騙されないための2つの判断基準

ご存知のように、世の中の育毛ブログには嘘ばかり掲載をされています。

育毛剤のランキングを調べようものなら、検索結果の上位に出てくるサイトは嘘ばかり書いてあるサイトだから。

こんな世の中じゃ、真剣にAGAに悩んでる人はいつまでも報われません。

 

今でこそ、街の広告でAGA治療の存在を見る機会は増えてきました。

(クリニックの広告の横に、ステまで有名なチャップアップの広告が出てたりする事もありますが)

 

治療技術はどんどん良くなっているのに、街にはハゲてる人がたくさん歩いている。

自分自身も自覚症状がなかった頃は、自分をハゲと認めずに普通に生活をしていました。

そしてある時、どうにもならないレベルで生え際が禿げ上がっていることに気がついて絶望。

 

クリニックで「あなたはAGAです」と宣告され時は人生が終わったと思いました。

AGAという厄介な病気が存在するせいで、沢山の人がQOLの低下に苦しんでいるのを、身をもって体感したのです。

 

そして私はありとあらゆる手段を使い、AGAに対する有効な対策方法を調べ始めます。

 

ミノキシジルとフィナステリドが有効なのはすぐに突き止める事が出来ました。

そして最短ルートでハゲを治してやろうと思い、ミノキシジルタブレット5mgとフィナステリドを購入。

服用したその日に胸の動機と頭痛が止まらなくなり、AGA治療を断念したのです。

 

そこからはポラリスという育毛剤を使って、AGA治療を行っていたのですが、ジヒドロテストステロンを抑制していないので、髪は生えても抜けてしまう。

ハゲはますます進行し、症状は悪化することに。

 

私はゴリラクリニックという所でヒゲ脱毛をやっているのですが、ひげが濃くなるのもDHTが悪さをしているからなのです。

30代に入りひげがどんどん濃くなり、朝剃っても夕方には伸びている。

自分の体が自分の体がの影響を強く受けていたのです。

 

ヒゲ脱毛は受け始めて2年になりますが、未だに完治は見えません。

ミノキシジルを使っていることで多毛症の副作用が出ていて、それも伴ってなかなかひげを細くしたり発毛力を弱めることが出来ません。

2016年から最大で4年間打ち放題なプランで契約をしているので、あと2年間はヒゲ脱毛を受けることが私は出来ます。

 

しかし始めた当初は半年から1年もやれば、永久脱毛できるとたかをくくっていたのです。

 

現実は私の体内に潜む強靭なジヒドロテストステロンのおかげで、ひげはレーザー脱毛をしてもしても復活してきます。

もちろん数は少なくなっていますし、全盛期に比べればケアは楽になっています。

しかし依然として永久脱毛の兆しは見えず、ジヒドロテストステロンの凄まじいパワーに圧倒され続けている。

 

DHTを強力に抑制するデュタステリドを使ってもこれなのだから、何も対策してなかったらもっと大変なことになっていたのでしょう。

 

ハゲて髭が濃いおっさん。。

考えるだけでゾッとします。

 

有効な方法はわかっているのに、正しい情報が伝わらない。

正しい情報を得ても行動が出来ない。

 

AGA治療の現状はこの2つに集約されていると感じています。

 

そんな中、ステマを行うブログの数は日夜増え、知識武装をしなければ、金の亡者共の餌食にあなたはなってしまいます。

この腐りきった現状をどうやって変えればいいか?

どうやって悪質なステルスマーケティングから身を守ればいいのか?

 

これについて今回は考えていきたいと思います。

 

再現性と科学に重きを置く

 

まず最初に健康という分野にはエセ科学が溢れているということを知りましょう。

ミノキシジルの2倍の発毛効果と謳っている育毛剤がありますが、その根拠は自社が勝手に作ったデータです。

 

あなたに確実に効果があると断定できる方法は入口の部分ではありません。

しかしあなたが人間である以上、人間の特性に有効な化学成分を使うというのを徹底して下さい。

 

センブリエキスはDHTを抑制してくれるのか?

ピディオキシジルでハゲが治るというデータが論文として存在するのか?

 

もしあなたがこの手の商品に騙されてしまったのであれば、自己防衛機能が不十分と言わざるを得ません。

日本の美容品は消費者のためではなく、販売者にとって都合のいい売り方をしていることが多いからです。

 

そして海外の製品と比べて著しく費用対効果が悪いです。

 

高ければいいわけではないと知る

 

リアップは8千円近くする高額な発毛剤です。

ミノキシジルが含まれており、AGA治療に有効な発毛剤ですが、値段が高すぎると思いませんか?

 

ミノキシジルは発毛を促進してくれる成分ですが、育毛剤から体内に取り込めるのはわずか1%と言われています。

高いお金を払っているにも関わらず、有効成分をほとんど活かすことが出来ないのです。

このコスパの悪さっといったらたまったものではありません。

 

海外ではリアップと同じ成分の発毛剤が1本2千円もしない価格で手に入ります。

日本ではなぜここまで高くなってしまうのか?

 

それは有効成分が含まれる育毛剤を作るよりも、情報弱者を騙して生えない育毛剤を売りつけてるほうが儲かってしまうからです。

 

誰もがミノキシジルが生えると知れば、後発のメーカーが大正製薬が独占している市場に入り込んできます。

そして海外で販売している、デュタステリドやアデノシンが含有された育毛剤も出てくるでしょう。

 

現状、デュタステリドやアデノシンというのは、AGA治療について本気で調べ、学んだ人でないとたどり着けない情報です。

脱毛サイクルを加速させてしまう5アルファリダクターゼ。

その1型と2型の生成を物理的に阻害をすることで脱毛を停止させるデュタステリド。

そしてアデノシンで発毛期を延長し、今生えている毛を抜けにくする。

 

ミノキシジル以外の有効成分について知ることで、少ない予算でより高い期待値を取りに行くことが出来るのです。

 

もしあなたがこの記事に出てきた専門用語を知らなかったのであれば、勉強不足です。

AGAの発生原理と対策のメカニズムをしっかりと学んで下さい。

 

そうすればステマ商品に騙されることは一生なくなります。

 

チャップアップのようなステマ育毛剤は価格が1万円近くしますが、生えてきません。

フォリックスはその半額ですが、科学的に効果が証明されている成分がたくさん入っています。

 

あなたの大切なお金をどちらに入れるべきかは、自明です。

高いからいい育毛剤と思ってしまう心理は理解します。

 

しかしあなたのその心理を悪用して、ぼったくり商売をやってる輩がたくさんいる事も知って下さい。

 

お金がなくてもAGA治療は可能

 

結局の所これだけハゲが減らない理由って、AGAが治療できると知っても、費用が高すぎると思われているかだと思います。

私もハゲに何百万とお金をつぎ込む人がいることを知っていたので、クリニックに行くのはものすごく嫌でした。

どんだけこいつら足元見るんだよって。

 

しかし自己責任ではあるものの、AGAは自己治療することも出来る病気。

オオサカ堂とeBayがあれば必要なものは全て揃います。

 

私はクリニックに継続的に通うことなく、AGAを順調に回復させることに成功しています。

残念ながらまだ完治には至っていないのですが、このまま続けていればどんどん良くなっていくんだろうなって感覚を持てている。

 

私が月にハゲにかけているお金は1万円ちょっと。

かなりアグレッシブに贅沢に使っていく方針なため、この価格になっていますが、2千円以下でAGA治療をすることも可能です。

ミノキシジルタブレットとデュタステリドの内服薬だけを飲めば、1ヶ月の治療費は2千円以下です。

 

これがクリニックであればどんなに安くても月に2万とか、4万円とか取られてしまいます。

 

自己治療だけでどこまでハゲを治すことが出来るのか?

その証明をこのサイトを通じて示していければと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました