ミノキシジルタブレットを女性が使うならピルカッター!

この記事の所要時間: 511

多くのサイトではミノキシジル内服薬を使うことで、短期的に強力に発毛が出来ると伝えています。

 

しかし日本皮膚科学会ではミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)を推奨度Dとして、使わないことを推奨しています。

 

私自身の経験を振り返ってみても、強い頭痛と胸の動機が起こり、その状態が2日近く続きました。

こんな劇薬はとてもじゃないが続けることが出来ない。

 

これが私がミノキシジル内服薬を使った正直な感想なのです。

 

もちろん副作用が出ないという方もいらっしゃるので、リスクを取って試す事は止めません。

しかし私が耐え難い副作用に苦しみ、内服薬によるAGA治療に怖じ気ついてしまった事。

その事により回復出来るまでの期間が大幅に延長され、遠回りをしたことはお伝えしておきます。

 

FAGA治療では、日本皮膚科学会のガイド欄に従い、ミノキシジル外用薬(育毛剤)を使った対策をまずは試しましょう。

 

そして次にサプリメント(パントガール、ルグゼバイブ、リジン、亜鉛)を試し、それでもダメならばレーザー育毛を組み合わせてみる。

リスクの低いところから、体に対する負担が発生する方法にシフトし、経済的負担が大きい方法も取り入れていく。

段階を経たアプローチが経済的にも精神的にも負担が少ないですし、実践ががしやすいです。

 

ミノキシジルタブレットの代替案

 

もし外用薬で満足できず、サプリやレーザー育毛を組み合わせても満足の行く結果が出なかったり、治療速度に不満があるならば、別の選択を考えます。

 

ミノキシジル注射

 

まずひとつ目がミノキシジル注射です。

内服薬は全身にミノキシジルの成分が回ってしまい、体に大きな負担がかかりますが、ミノキシジル注射であれば頭髪が薄い部分を狙って、ダイレクトに成分を浸透させる事が出来ます。

 

即効性もあり、女性でも実践できるので、お金に余裕がある方であればミノキシジル注射を検討してみて下さい。

 

HARG

 

次にハーグ(HARG)です。

こちらは成長因子や栄養素を注射器で頭皮に直接注射をします。

 

ミノキシジル注射との違いは、栄養素を頭皮に打つため、ミノキシジルのように副作用リスクが極めて少ないということです。

 

ミノキシジル注射事態も目立った副作用が報告されず、リスクは非常に低いとされていますが、やはり体に負担がかかる成分を注入することに変わりはありません。

 

残念ながらハーグ治療は高額ではありますが、体に対するリスクを減らして治療をしたい方におすすめです。

 

ミノキシジルタブレットは初心者向けじゃない

 

未だにミノキシジルタブレットを推奨しているサイトは何を考えているんだろうと思って見ています。

 

男性で禿げ上がってしまって末期のAGA状態であれば、ミノキシジルタブレットの検討を考えざるを得ない。

この指摘は共感はしますが、心臓に対してこれだけ負担が大きい薬を人に平気で提案できる神経が理解できません。

 

女性が男性レベルでハゲ散らかしているという事例は殆ど見かけないので、ミノキシジル育毛剤だけで十分に回復させることが可能だと考えています。

 

ですから、今回提案させて頂いた通り、まずはロゲイン2%で始めて、より効果を促進したいならサプリも試してみる。

予算が余裕がある方はレーザー育毛やミノキシジル注射を検討する。

 

これでいいです。

 

あなたの薄毛がFAGAであればこれで回復していくことが出来るはずなので、検討されてみてくださいね。

 

ご自身の薄毛がFAGAによるものか判断が出来ない方は、病院でしっかりと診断を受けましょう。

血液検査や専門医による診断は自分の薄毛要因が明確でない段階には必須です。

 

ミノキシジルタブレットを使わざるを得ない女性とは?

 

その後考えが変わり、長く治療しているのに効果が出ない、全スカハゲなど致命的に禿げ上がってきてしまっている人は、ミノキシジルタブレレットに手を出すしかないと考えるようになりました。

 

私自身がデュタステリドとミノキシジル外用薬(発毛剤)を使って半年以上集中ケアしても満足の行くラインまで回復をしなかった。

それどころか全スカが進行している。

 

この現実を認めた時に、ミノタブ使うしかないか…と諦めがつきました。

 

ただし過去にミノタブを使って強すぎる副作用で一度私は挫折をしている。

どうしたものかと悩んでいた時に出会ったのがこの動画です。

 

【薄毛必見】ハゲどっと来い!第22回「新しい育毛剤の使い方」

 

ミノキシジルタブレットをピルカッターで分割して、強度を落とすという考え方が紹介されていました。

これなら自分でもいけると思い、2.5mgのミノキシジルタブレット購入して、4分割して摂取。

耐えられないレベルの副作用は今の所出ていません。

 

これを一ヶ月程度続け、問題ないようであれば1.2mgまでは強度を上げながら、1日2回ミノキシジルタブレットを飲んでいこうと考えています。

 

私は1.2mgを2分割で飲むことが最終目標ですが、女性であればこれのさらに半分。

0.25mgを2回に分けて飲むというやり方を試されてみて下さい。

 

ここまで強度を落とせば副作用が出るリスクはかなり低いはずです。

0.6mgだと若干体に違和感があります。

 

この半分であれば副作用はおそらく無視できるレベルまで下がっていくと予想します。

 

自己責任とはなりますが、追い込まれていて、ミノタブを使う以外にハゲ回避は不可能と思う方は、このやり方を検討されてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました