デュタステリドとフィナステリドを併用した結果…

この記事の所要時間: 835

フィナステリドとデュタステリドは脱毛を抑制するために欠かせない薬です。

 

フィナステリドは主に頭頂部周辺の薄毛改善に効果が期待でき、デュタステリドは頭頂部だけでなく生え際の脱毛抑制に対しても効果を期待することが可能です。

 

私自身はデュタステリドを使い始めたことで、M字(U字)ハゲを回復させることが出来ています。

そしてフィナステリドを部分的に併用することで、さらなる脱毛抑制を狙う実験をしています。

 

”部分的に”と書きましたのは、私は飲み薬による摂取ではなく、フィナステリドが含まれるシャンプーを使っているのです。

 

ですから併用していると言っても、あなたがイメージしているような使い方ではないかもしれません。

 

そして気になる併用の効果ですが、「目立った効果はわからない」というのが正直な感想です。

 

併用をすることでさらなる脱毛の抑制を期待していましたが、薄毛が進行する部位も少なからずありますし、頭頂部は薄毛の進行は見られないものの、まだまだ完全に回復しているとはいい難い状況。

 

もちろんシャンプーからの摂取ということで、フィナステリド摂取量が少ないというのも要因でしょう。

 

デュタステリドとフィナステリドを部分的に併用してみて思うのは、育毛シャンプーにはそこまでお金をかける価値はないという事です。

 

初めてフォリックスを使った時の感動や、デュタステリドを使い始めて脱毛が止まった時の驚きに比べると、インパクトが全くと言っていいほどない。

 

デュタステリドもフィナステリドも血中のジヒドロテストステロンの濃度を希薄化してくれる効能があります。

脱毛を促進してしまうDHTの生成を物理的に止めることによって、薄毛の進行を食い止めているのです。

 

血中濃度を薄くするだけであれば、どちらの薬を使っても変わらないようにも見えるかも知れません。

 

ジヒドロテストステロンには2種類あり、一型と二型に分類をされます。

フィナステリドもデュタステリドも血中におけるジヒドロテストステロンを抑制する効果があるのですが、薄めてくれるジヒドロテストステロンのタイプが異なるということですね。

 

ですから自分の薄毛に応じて、フィナステリドにするのか、デュタステリドにするのかを決めていく。

 

あなたの薄毛が頭頂部だけであれば、フィナステリドで治療をするだけで大丈夫です。

しかし生え際から薄くなるM字ハゲやU字ハゲであれば、デュタステリドを使ったほうが良いです。

 

フィナステリドだけでの対策ではM字やU字ハゲを食い止めることは出来ません。

 

サプリメントによる脱毛抑制効果について

 

フィナステリドとデュタステリドの併用は、特段大きな効果を期待できそうにないとわかった所で、デュタステリドと併用することで効果増大を期待できそうなサプリメントについて見ていきます。

 

よく言われるのは、リジン、亜鉛、ノコギリヤシ。

この3つではないかと思います。

 

まずリジンは髪を生成するケラチン(タンパク質)の生成を促進してくれると言われれています。

亜鉛についてはジヒドロテストステロンの抑制だったり、抜け毛を減らす後があると言われます。

ノコギリヤシに関しても同様で、悪性ホルモンを抑えてくれると言われています。

 

これらの情報を元に3つのサプリメントを摂取してみましたが、目を見張る効果は感じられませんでした。

 

日本皮膚科学会のガイドラインでもサプリメントによる薄毛対策を項目を設けて推奨していないので、サプリメントによる対策は特に考えなくていいというのが私の結論です。

 

ミノキシジルxフィナステリド(デュタステリド)が一番おすすめ

 

新しい方法やまだ知られてない治療方法を調べたり、実験をする度に、薄毛治療の本質に戻ってくる事になります。

 

つまりフィナステリドで脱毛を抑制し、ミノキシジルで発毛を促進する。

この組み合わせが最強であり、何はともあれ最初に試すべき治療方法なのです。

 

そして予算があればレーザー育毛を試したり、人によっては植毛を検討するというスタンスが良いと思います。

私自身はまだ植毛をする所まで薄毛が進行していないので、自己治療による回復を目指しながらレーザー育毛やミノキシジル注射を今後は試していこうと考えています。

 

これから始めるという方はまずはフィナステリド(デュタステリド)とミノキシジルの組み合わせを試されてみて下さい。

王道手法がお金を無駄にすることなく、堅調に回復していきます。

 

どこでフィナステリドを手に入れるか?

 

フィナステリドを入手する方法は大きく分けて2つあります。

一つはクリニック(病院)に通い、医師から処方をしてもらうという方法。

 

1ヶ月分の処方で6000円〜1万円程度の負担でフィナステリドを手に入れることができます。

 

もう一つが個人輸入をして、海外からジェネリック医薬品を取り寄せる方法です。

これですと1ヶ月分が2千円程度で手に入れることが出来ますが、自己責任となります。

 

ステマサイトでは個人輸入には偽物の薬が入っているということがありますが、私がオオサカ堂から個人輸入した薬で効果が出なかったり、効果が弱まった経験は一度もありません。

 

冷静に考えてみてほしいのですが、たかだか2千円程度で販売されている薬の偽物を手間ひまかけて作りますか?

オオサカ堂は日本でも愛用ユーザーがたくさんいる老舗のサイトです。

 

万一偽物を販売していたという場合はたちまち悪評が広がり、運営を続けられなくなるはずです。

 

嘘ばかり書いて効果が全く期待の出来ない育毛剤や高額なお金を請求してくる育毛エステの紹介をしているサイトに騙されないで下さい。

 

AGAが治るまでの期間

 

本当に効果のある治療法にはお金も時間もかかりません。

数週間もすれば反転作用である初期脱毛が始まり、その後産毛と呼ばれる毛が生えてくるようになります。

 

その後は時間をかけて生えてきた毛が太く長くなっていき、全体の毛髪量が回復をしていきます。

 

私の場合であればAGAの中期に突入していたので1年以上かけて回復の兆しがかじられる所まで来ました。

次の1年でさらに回復をして、AGA治療開始後2年で元の毛髪量まで戻せるかな?というイメージで現在は治療をやっています。

 

AGAは治療をすることが出来る病気です。

禿げ上がってからの期間が短ければ、フィナステリドとミノキシジルだけの治療で十分に回復させることが出来るんです。

 

ハゲてからの期間が長い方も、多少リスクが上がりますが、ミノキシジルタブレットを使うことで回復が期待できます。

ただしミノキシジルタブレット(ミノキシジル錠剤)は日本皮膚科学会でも利用を推奨していない治療法。

 

ですので、ミノキシジルタブレットを使う場合はリスクが大きくなることは理解下さい。

薄毛が進行して禿げ上がってしまっている方は、植毛の検討をされたほうがよりスピーディーに毛髪量を増やすことが出来ます。

 

デュタステリドとフィナステリドの併用が認められるパターン

 

デュタステリドとフィナステリドの併用は、効果がないどころか、副作用の発生リスクを増大させるのでやってはいけません。

 

ただこれは内服薬の話なので、デュタステリド外用薬とフィナステリド外用薬を相互に使ったり、フィナステリドが含まれているフォリックスのシャンプーを使い、併用するのは問題ありません。

 

外用薬経由で入ってくる成分というのは限定的であり、申告的な副作用を起こす可能性は低いからです。

 

 

まとめ:騙されなければ最短ルート。騙されるとハゲが進行して遠回りをします

 

あなたがチャップアップやフィンジアといったような生えない育毛剤を掴まされているといつまでもAGAが回復しないばかりか、症状が進行してハゲ散らかしていきます。

 

業者やステマサイトは毛髪サイクルがあるので半年は続けないと効果が出ないと言っています。

もちろんAGAの効果を判断するには半年の期間は見なければいけないというのは間違った主張ではありません。

 

しかし私の経験上、半年もかからずとも、回復していることを実感する事は出来ています。

最初の数週間で初期脱毛、1ヶ月半ほどで新しい毛が生えていることを確認、2ヶ月目で少し回復した実感、3ヶ月目で回復が目視でわかるレベルまでになりました。

 

ですからあなたが使っている育毛剤やエステでの治療に効果を感じられないなら、その治療方針を疑ってみて下さい。

 

高いお金をかけているのに効果が出ない。

時間をかけているのに変化が感じられない。

 

詐欺師達は効果には個人差があると言って、継続させようとしてきます。

あなたの時間とお金は科学的に証明された再現性が確保された治療法に使っていくべきです。

タイトルとURLをコピーしました