デュアルゲン15の効果は?フォリックスFR15との違いは?

フォリックスFR15を使っているが値段が高く続けられない

生え際に効果が期待できる塗りミノを探している

ミノキシジルタブレットを使ったら副作用が出てしまった

 

AGA治療は継続が大事であるため、経済的な負担が大きすぎたり、副作用が発生してしまうと続けるのが難しくなります。

 

クリニックから個人輸入にシフトする

ある程度回復したら減薬をしてAGA治療の固定費を下げる

 

あなたのフェーズに適した治療方法が存在します。

 

この記事では国内のAGA治療クリニックで採用実績があるデュアルゲン15について、整理をしていきます。

デュアルゲン15とは?

デュアルゲン15はアメリカのMinoxidlMaxというメーカーが製造した、ミノキシジル外用薬です。

 

日本では、よだ形成外科クリニックやLUNAメディカルビューティーセンター、藤沢駅前AGAクリニックなどで採用をされており、実績がある発毛剤です。

 

デュアルゲン15の特徴としては主に以下の項目が挙げられます。

 

ミノキシジル15%配合されており、リアップの3倍の濃度

DHTを低滅させるアゼライン酸が配合されている

吸収率を高めるレチノール配合

発毛効果が認められたアデノシンが配合

 

外用薬としては最高クラスの濃度と配合になっており、リアップを代表とする一般的な塗りミノでは回復を実感できない方に適した商品と言えます。

フォリックスFR15とデュアルゲン15は何が違うのか?

高濃度外用薬としてはオオサカ堂やアイドラッグストアーで販売されているフォリックスが有名です。

 

FR15はミノキシジル15%、FR16であればデュアルゲン15よりもさらに高濃度な16%のミノキシジルが

 

フォリックスがあるのに、なぜデュアルゲンを選ぶ必要があるのか?と思われる方もいると思います。

 

フォリックスFR15と比較した時にデュアルゲン15が優れている点は以下の点です。

 

フィナステリドが配合された製品がある

使用回数が1日1回なので経済的

個人輸入をすればメーカーから直接購入が可能

 

それぞれ解説します。

フィナステリドが配合された製品がある

デュアルゲン15にはいくつかの種類があり、DualGen-15 NO PG Plusという製品にはフィナステリドが入っています。

 

FR15にはフィナステリドが入っていないため、発毛を促進することは出来ても、脱毛を抑制することは出来ません。

 

プロペシアの副作用やミノキシジルタブレットの副作用で内服薬の使用を断念された方にとって、外用薬として利用できるフィナステリドはとても希少です。

外用薬を使うことで体全体にフィナステリドの影響が及ぶリスクを抑え、薄毛になっている箇所を集中的に散布することが出来るからです。

 

僕自身もミノキシジルタブレットで副作用が出たこと、妊活を始めるにあたり内服薬の使用を控えたいと思ったことが、デュアルゲン15を選ぶきっかになりました。

 

外用薬に切り替えても副作用を100%排除できるわけではありませんが、内服薬と比べればその差は歴然です。

使用回数が1日1回なので経済的

フォリックスFR15は朝と夜の2回利用することが推奨されております。

一方でデュアルゲン15は1日1回の使用でOK。

 

夜お風呂に入った後に散布をしておけばいいので、塗り忘れや朝忙しくて塗り忘れる心配がありません。

 

また1日1回しか使わないため、1日2回使用するフォリックスよりも消費量が少ないです。

フォリックスFR15を1日2回使うと概ね1ヶ月程度で使い切りますが、デュアルゲン15であれば2ヶ月は持ちます。

 

両製品の価格は同等であるため、実質的にFR15の半分の負担でAGA治療を行える計算になります。

 

フォリックスFR15 → 5000円前後

DualGen-15 NO PG Plus → 45ドル

個人輸入をすればメーカーから直接購入が可能

デュアルゲンは多くのクリニックで導入実績がある外用薬です。

通っているクリニックで取り扱いがあればクリニックで購入する事も可能です。

 

個人輸入をしたい場合はMinoxidlMax社より直接購入が可能です。

MinoxidlMax社から注文する場合は英語での注文となりますが、メーカーから直接購入を刷るため偽物のリスクがありません。

 

メーカーから直接個人が購入できるというのは、フォリックスにはない大きな強みです。

フォリックスはオオサカ堂やアイドラッグストアーといった輸入代行会社経由でないと購入が出来ない製品だからです。

デュアルゲンを使っている方の口コミ

Twitter

FR16とデュアルゲン15を比較

FR15とデュアルゲン15であれば、デュアルゲン15のほうが成分は充実しています。

しかしFR16と比較をするとミノキシジル濃度の点でデュアルゲン15が負けます。

 

FR16とデュアルゲン15であればどちらを選ぶべきか?を解説していきます。

クリームタイプか液体タイプか

フォリックスFR16はクリームタイプであるのに対して、デュアルゲン15は液体タイプです。

 

クリームタイプのほうが液垂れをしない、狙った箇所に散布しやすいというメリットはあるものの、固まってしまったり、中から出てこないなど使い勝手がイマイチというデメリットがあります。

 

一方でデュアルゲンは液体タイプであるため、散布は簡単です。

液体タイプの塗りミノの中にもスプレーで散布するものと、スポイトで散布するものがありますが、デュアルゲンはスポイトで散布をするタイプです。

リポスフィアテクノロジーかレチノールか

外用薬の欠点は内服薬と比べた時に浸透率が劣る点です。

 

ミノキシジルタブレットを使えば短期間で発毛をする事がありますが、内服薬で体全体にミノキシジルの成分が浸透させる事であそこまで発毛が実現をするのです。

 

一方で外用薬経由の場合、すべての成分が体に吸収されるわけではなく、汗や液だれで重点的に発毛させたい箇所に成分が浸透しない事があります。

 

こういった問題を解決するためにフォリックスであればリポスフィアテクノロジーという浸透率を高める技術が採用されています。

一方でデュアルゲンの場合はレチノールという成分を含有して浸透率を高める対策をしています。

 

リポスフィアテクノロジーは吸収率を向上させるだけでなく、成分が散布箇所に留まり続けて効果が持続する効果もあるため、単純にレチノールを配合しているだけのデュアルゲンよりも効果が期待できます。

費用対効果を高めたい方、外用薬メインで治療を行いたい方、生え際を治療したい向け

結論としてデュアルゲン15は外用薬メインで治療を行いたい方におすすめ出来ます。

 

外用薬で治療をする事で副作用のリスクを減らし、ピンポイントで発毛させたい箇所を集中して治療することが出来る。

 

クリニックでの採用実績も豊富なデュアルゲン15はM字ハゲ(生え際)の治療にも有効とされており、生え際を重点的に生やしたい方にもおすすめができます。

 

管理人も現在デュアルゲン15を使ってAGA治療を行っていますが、使用感、コスト、成分のバランスが良く、非常に満足しています。

 

内服薬で結果が出ている方も、生え際の回復をブーストアップさせるために出ている方も出ている方もデュアルゲン15を使うことでハゲ治療を加速させることが出来ます。

 

1日に使う回数も1回でよく、続けやすく経済的なデュアルゲンを一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました