ミノタブ1.25g、3ヶ月目を目前に副作用発生!

この記事の所要時間: 537

ミノキシジルタブレットをピルカッターで割って1.25mg(0.6mgを1日2回)摂取し始めて3ヶ月近くになろうと思います。

 

発毛スピード、発毛の量共に申し分のない成果を得られています。

しかしここにきて倦怠感と思われる、副作用が出始めました。

 

具体的には、集中力が続かない、やる気が起きない、性欲減退といった症状。

これらは今までは気にならないレベルだったのですが、ミノタブを1日に2回継続することによって、発生するようになりました。

 

そこで2日ほどミノタブの服用を休んでみた所、症状は緩和。

ミノタブの量をこれ以上増やすのは難しいという結論に至りました。

 

ミノキシジルタブレットは間違いなく生えてきましたし、その再現性も素晴らしいです。

ただやはり体質的に合う、合わないがあり、私の場合は合いませんでした。

 

今後は様子を見ながら、2日に1回のペースで続けていきたいと思いますが、ここまで強度と頻度を落としてしまうと、爆発的な発毛は期待できないでしょう。

 

そこでこれからどうやって立て直しを考えているか、自分の考えを整理します。

 

薬がダメなら直接頭皮に注射すればいいじゃない

 

ミノタブを使わずにどうやってスカスカが進行している部位を回復させるか?

これは体内にミノキシジルを高濃度で入れる別の方法を考えるしかありません。

 

その方法とはミノキシジル注射です。

一度だけクリニックでお願いしたことがありますが、麻酔を使わずに打つと痛みが強く、なかなかに苦痛です。

 

しかし値段は高くなるものの、メドジェットという痛みが低いやり方や、ハリを使わないノーニードルという方法があります。

 

料金体系としては安い所であれば1万円程度(麻酔なし)ですが、痛みが少ないものは1回2万円前後に価格が設定されています。

効果を出すためには半年間は通わなければならず、最初の間は月に2回ミノキシジル注射を打つシステムになっている所が多い。

なので半年で15万〜20万程度のお金がかかるということですね。

 

ミノタブを使える方であればここまでの出品は全く必要ありませんが、私はミノタブが無理だったので、代替案を探さなければなりませんでした。

 

HARGとBENEV療法

 

頭皮に直接有効成分を注射して発毛を促進させる、毛髪再生治療ですが、色々なやり方があります。

自分が実践していくのは、ミノキシジル注射ですが、ミノキシジル注射以外だとHARGという治療法がとても有名です。

 

HARGは性別を問わず実践することが出来、有名な方法ですが、値段がとても高いです。

1回あたり12万円〜という価格設定になっており、効果が出ないという人も普通にいるのでコスパが悪いなと。

 

自分としてはすでに効果が出ているミノキシジルに主眼を置き、これを頭皮に直接注射することで、ハゲ回復を加速させていきたいと考えています。

そして普段の治療は、ミノキシジル外用薬、デュタステリド、ミノタブ(2日に1回、0.6mg)で治療を継続していきます。

 

ミノタブは2日に1回でも倦怠感が出るようであれば、3日に1回に落とすかもしれません。

 

そしてこれとは別にサプリによる対策を強化します。

一時期実践していたノコギリヤシやリジンサプリは効果が感じられなかったので継続しませんが、亜鉛は効果を感じられているので続けていきます。

 

そして亜鉛とは別に、bFGF(線維芽細胞成長因子)、IGF-1(インスリン様成長因子)、フコイダンのサプリを試していきます。

bFGFは液体のものが海外で売っていたのでこれを頭皮に散布、IGF-1とフコインダンはサプリメントで見つけることが出来たのでサプリで取っていきます。

 

フコイダンの発毛効果についてはライオンのサイトにまとめられているので、これを参考にしました。

 

http://mouhaturyoku.lion.co.jp/development/history05.htm

 

フコイダン以外は成長因子と呼ばれるものですね。

ミノキシジル注射を打つ時にも成分として含まれていますが、まずはサプリメントや原液レベルで体に試して、どれぐらい違いが出るか実験します。

 

ミノキシジル注射そのものは、ヘアライフAGAクリニックという所で受ける予定です。

価格は17,400円〜と競合他社に比べて安価な設定になっています。

この価格でノーニードル手法なので、痛みは軽減されています。

 

BENEV療法というやり方をヘアライフAGAクリニックでは採用しており、これはミノキシジル以外にも有効成分を加え、高濃度のケラチンを頭皮に直接注入できることを強みとしています。

 

ケラチンはシャンプーでも使っていたり、トリートメントをして髪のうねりを治すために使っていますが、髪に良い成分である事は間違いないです。

これをやってから髪のまとまり、うねりが改善され、清潔感が大幅に改善されました。

 

ヘアライフAGAクリニックでミノキシジル注射だけの治療が出来るかはわかりませんが、もしできるのであれば半年契約をするなどまとめて契約をして、通っていこうと思います。

クリニックは新宿と池袋、横浜にあるので、自分には通える場所です。

 

なんだかんだでハゲは回復している

 

AGA治療を開始して2年が経過しましたが、ゆっくりではありますが、少しずつ回復をしてきています。

結果的にクリニックに通っていたほうがサクッと治った気もしますが、遠回りした分、いろいろ学べましたし、深くAGAについて理解することが出来ました。

 

これからAGA治療を開始される方は、治療方針が固まるまで最初の間はクリニックに行ったほうがいいです。

そして治療方針が固定化されたら、ジェネリックや個人輸入を使って、治療維持費を安くする方法にシフトしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました