リグロースラボm15の口コミと生え際に効果がない理由

この記事の所要時間: 452

リグロースラボM15は高濃度ミノキシジル育毛剤として大変人気がある商品です。

 

販売をされてすぐに話題となり、オオサカ堂の売り上げランキングでも上位に頻繁にランクインしています。

 

リグロースラボはミノキシジルを含む高濃度育毛剤としては、際立ったコストパフォーマンスを持つ製品であり、フォリックスとは異なる魅力があります。

しかし安いには必ず理由があるわけであり、M15だけを使って治療をしても、ハゲは治りません。

 

今回はリグロースラボM15で回復できる範囲と、生え際治療が難しい理由を掘り下げてお伝えしていきます。

 

リグロースラボM15の成分

 

自分の用途に合わせて好きな成分を選ぶことが出来るリグロースラボシリーズ。

その中でも最も強度が強く、注目が集まっているのがM15です。

 

M15にはミノキシジルが15%含まれています。

日本で販売されているメディカルミノキやリアップが5%であることを考えると、単純に3倍の強度です。

 

強度が強いミノキシジルが人気がある理由は、AGAが進行してしまっている人には5%の強度だと効果が出ないことがあるからです。

私自身もポラリスで強度の弱いところからミノキシジル外用薬を試し、気がつけば最高濃度の16%のミノキシジル育毛剤を購入していました。

 

15%のミノキシジルを試すべき人は、今使っているミノキシジルで発毛が出来ていない方や効果を十分に感じられていない方です。

15%のミノキシジルを使えば必ず生えてくるわけではありませんが、強い強度を頭皮に送ることで、眠っていた毛根を起こせる可能性があると言うわけです。

 

この考え方に関して、副作用が出るリスクも上がる割には満足のいく結果にならないというのが私が1年近く使って得た結論です。

 

確かに禿げ上がってしまっている人や、何年も薄毛を放置してしまった人が、オーソドックスな治療法で回復をさせるのは難しいです。

治療が遅れれば遅れるほど、元に戻せるであろう期間も長引きます。

 

ハゲが治るまでの期間

 

例えば私であれば自覚症状が出たのが2年ほど前、実際には過去の写真を見ると3年から4年ほど前からAGAに発症していました。

 

病院で働いている人に、病気は自覚症状が出てからでは手遅れなケースが多いと言われたことがありますが、本当にその通りだと思います。

治療こそAGAは出来ていますが、うんざりするぐらい結果が出るまでに時間がかかってしまっています。

 

30代前半に自分がハゲていることに気が付き、対策をする事が出来ていたら…。

後悔は尽きません。

 

私の体感ベースとして2年治療して、全盛期の40%ぐらいまで戻ったのかなという感じ。

AGA治療を放置していたり、内服薬を使っていなかった時は20%ぐらいまで悪化していた印象です。

生え際を中心に、U字を描いて薄毛が進行してしまっています。

そして毛は軟毛化し、ハリがなく、立ち上がりが悪くなっています。

シャンプーを1日でもサボるとスタイリングは全く決まらなくなる。

 

現在は5%のミノキシジル育毛剤を中心にデュタステリドとミノキシジルタブレットを使っていますが、この手法でようやっと回復を実感できるようになった所です。

外用薬ミノキシジルとデュタステリドの組み合わせでは、私レベルのAGA患者では手遅れだったということです。

 

リグロースラボM15の購入を検討されている方は、色々と比較をされた上で、コストパフォーマンスの良さや、高濃度ミノキシジルに価値を感じていらっしゃる方だと思います。

M15で生えるなら継続すればいいし、思うような結果が出なかったり、副作用が強いと感じるなら強度を落としてみる。

 

結局どの製品や、組み合わせが自分に最適解なのかはやってみるまでわかりません。

 

効果が出ても副作用に耐えられなかったり、使用感の悪さに満足できなかったり。

色々続けられなくなったり、継続を辞めようと思ってしまうポイントがあるんです。

 

M15と組み合わせるなら…

 

M15単体で使うのではなく、リグロースラボのコンセプトである自分に必要な成分を組み合わせて使っていくのがおすすめです。

Oハゲ(つむじハゲ)な方はFIN25との組み合わせで効果が期待できます。

 

内服薬を使っている方であれば、外用薬はM15一本でも効果が期待できるでしょう。

ご自身のハゲのタイプと、有効な治療法を逆算して、組み合わせを決定しましょう。

 

ミノキシジル外用薬だけではAGAは治療できません。

DHTの生成を阻害する、フィナステリドかデュタステリドが必ず必要になります。

 

AGAが既に進行してしまっている方は、内服薬とM15を組み合わせることをおすすめします。

M15を購入したから対策は万全と思うのではなく、常に自分の体を定点観測しながら、より良い選択はないかを検討していきましょう。

 

リグロースラボは安価な商品ですが、使用感がフォリックスやドクターゼロよりも劣るという声が散見されます。

 

リグロースラボM15を購入する

タイトルとURLをコピーしました