爆毛根は使い方が工夫された発毛剤。効果なしはデマ

爆毛根 爆毛根
この記事の所要時間: 722

育毛剤の良し悪しを分けるのは、成分もそうですが、使い方だと考えています。

リアップX5は値段が高く費用対効果が悪いように見えますが、特許を取得しているスプレーが成分を頭皮に届けやすくしてくれています。

 

リアップ後発品であるアンファーのメディカルミノキも同様です。

国内のミノキシジル育毛剤は使用感や、液だれの問題を解決するために工夫がされています。

 

一方で海外の育毛剤のフォリックスやリグロースラボには液垂れがあります。

使用感も国内のものと比べると劣る面があるのも事実です。

 

そのため上級者になるとヤフオクでリアップの空ボトルを購入して、リアップのボトルにフォリックスを詰めて使い始める猛者がいます。

これを実践することで、リポスフィアテクノロジーの恩恵と、ボトルによる無駄打ちの軽減を同時に実現することが出来、最強の散布環境を構築できるというわけです。

この手法は私自身まだ実践できていないので、今後実践していく考えです。

 

さて今回はオオサカ堂で長らく販売され続けている、爆毛根という育毛剤にスポットを当てます。

 

こちらの商品、今まで全く意識をすることがなかったのですが、工夫をされて作られていて、今後試してみたいと考えるようになりました。

 

そこでこの記事では、爆毛根に向いている人や不向きな人、競合をするドクターゼロとの比較を掘り下げてお伝えしていきます。

 

爆毛根とはどういった製品なのか?

 

爆毛根は外用薬としてミノキシジルとデュタステリドを同時に取り入れることが出来る製品です。

浸透率を高めるためのリポスフィアテクノロジー搭載のほか、オキシトシンも含有されています。

 

爆毛根が良いと思うのは、散布の方法にエアレスポンプを搭載していることです。

これは従来のスプレーやスポイトでの散布と異なり、成分を一定量安定して外に出す事が出来ます。

 

さらにトリガーという外出時用のポンプが用意されており、頭皮にダイレクトに照射を出来るように工夫がされています。

 

【BAKUMOKON】爆毛根トリガーの使い方

 

育毛剤を使っていて一番悩む問題が、液だれであったり、薄くなっている部位まで成分を届けることが出来ないことです。

 

外用薬経由でのミノキシジルがなかなか効果が出ないのは、自分が狙った位置にミノキシジルが到達をしない事です。

その問題を解決するためには、散布の方法を工夫する事と、育毛剤を使う前に頭皮を清潔にしておくことが有効です。

 

頭皮を清潔にする方法は、毎日のシャンプーが有効ですが、私の場合は週に一度のケトコナゾールシャンプーを利用しています。

これにより、長年の悩みだったフケ症も解決することが出来、ケトコナゾールシャンプーを使った後に育毛剤を使うと、頭皮が育毛剤を吸収しているのが体感レベルでかなりリアリにわかります。

 

ケトコナゾールシャンプーの驚異的なAGA抑制効果(FDA認可)
ケトコナゾールという成分をご存知でしょうか? ふけや脱毛に効果が実証されている成分で、日本国内でもクリームやシャンプーとして販売がされています。 有名なシャンプーとしてはコラージュフルフルという製品がありますが、このシャ...

 

海外製品を使っていて不自由を感じるのは、日本製品では当たり前に提供される、使い勝手の良さや細かな気配りが欠如していることです。

爆毛根は販売前に臨床試験を行い、多数の被験者からデータを集めた上で製品化をしています。

その点でも安心をして取り入れることが出来る製品であると言えます。

 

値段は高いが、爆毛根を使ってる人たちの評価は高い

 

爆毛根は1回の注文で1ヶ月半から2ヶ月程度使える量が届きます。

パッケージには二種類あり、一つは小分けにされた小さなノズルが12本入ったタイプ、もう一つは従来の育毛剤と同じように大きいポンプになっているタイプです。

 

2つの違いは小分けにされているか、されていないかの違いです。

小分けにされているタイプは1本あたり5mlのパッケージが12本に分割されています。

小分けにされないローションは30mlのボトルが2本入っています。

 

トータルの量は一般的な育毛剤と同じ60mlであり、およそ1ヶ月弱持つ量となっています。

 

販売価格はそれぞれ、この記事を書いている時点で8900円と若干高い価格設定。

ドクターゼロが5000円前後で購入できることを考えると、この価格は高いと言わざるを得ません。

 

しかし実際に使っている人たちの評価は非常に高いです。

 

50歳過ぎの兄の頭が気になって使わせてみた
1か月経っててっぺんの薄毛に毛が生えてきて!すごーい。
オデコはあまりへんかないけど
てっぺんには効果あり。
週一でチェックしに行ってます(。-∀-)ニヒ♪

 

3ケ月経過しました。つるつるの頭皮が、発毛でごわごわした感触になりました。あと数ケ月で地肌がみえなくなるのではと楽しみにしているところです。

 

個人差はあるとは言え、従来の製品には含まれることがない、デュタステリドが効いて、高い回復効果を感じている方がいる事がわかります。

 

私自身、ドクターゼロを使ったことで、デュタステリドの効果の凄まじさを痛感した人間なので、この気持はわかります。

ミノキシジルを使った育毛剤で治療をすることで、産毛は生えてくるのですが、そこから太い毛にならずに回復がなかなかしていきません。

 

ミノキシジルには生やす力はあるが、それを根付かせて抜けないようにする力はないのです。

AGAはジヒドロテストステロンが脱毛を促す作用によって引き起こされるので、発毛だけでなく、脱毛にもアプローチをかけなければ治療は出来ません。

 

ドクターゼロと爆毛根どちらを選ぶべきか?

 

成分レベルで馬プラセンタが含まれているドクターゼロと異なり、爆毛根にはミノキシジルとデュタステリドとオキシトシンの3つしか含まれていません。

 

それでドクターゼロよりも高いのだから、コストパフォーマンスは微妙です。

 

あえて爆毛根を選ぶべき方は、ドクターゼロやフォリックスシリーズで副作用が出てしまった方です。

臨床試験にお金をかけたことで、爆毛根は値段が高くなっている可能性があり、安全性がドクターゼロやフォリックスシリーズよりも爆毛根は高いと考える事が出来ます。

 

AGA治療で大事なのは、自分の体に効く治療法を見極めることです。

 

ミノキシジルやフィナステリドが効かない方というのも、稀ですがいらっしゃいます。

そして同じミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドの製品を使っていても、効果を感じられるものと感じられないものがあるので、自分に適した治療法を絞り込んでいく必要があります。

 

最終的に回復ができることを確認できれば、あとは愚直にその治療法を継続していくだけです。

程度の差こそあれ、1年も実践すればかなりの回復が見込めますし、2年、3年と継続していけば満足の行くラインまで回復したという報告は見かけます。

 

AGAを自己治療する事で、クリニックに払う高額な治療費を削減出来ますが、自分の体に適した治療法を見極めることが出来ないと、私のように遠回りします。

誰々さんが使っているからとか、色んなサイトで絶賛されているからという理由で、自分の治療方針を決めないで下さい。

 

少量を注文して、試していき、自分が続けられる治療法を見つけること。

そして自分の体に効く製品を見つけるまで、いろんな製品を試していくことです。

 

私も今なお、より良い製品を求めて、日々実験しています。

AGAという厳しい現実を受け止め、屈することなく、この病気と向き合っていきましょう。

 

爆毛根を購入する

 

5%と7%の製品があります。

どちらを利用してもいいと思いますが、始めての方は5%から試されることをおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました